ロゴ

神社挙式で日本古来の結婚式を体験できる!

>注目記事>人気が高くなっている神社挙式の挙式スタイルを知ろう

人気が高くなっている神社挙式の挙式スタイルを知ろう

男女

日本古来の形式でおこなわれる神社挙式

お宮参りや七五三などで馴染みが深い神社では、新郎新婦の門出となる結婚式も執りおこなっています。日本古来から伝わる独特の儀式をおこなうことで、新郎新婦だけでなく親族間での結束も強くなるとされています。

神前式

神社挙式のメリットを調べてみよう

福岡の神社でおこなわれる挙式では、日本古来の挙式スタイルを体験できるだけでなく、様々な面でメリットを生みます。まず、神殿でおこなわれる挙式は原則として親族のみが参加になります。しかし、神社挙式では境内を歩くことができるため、友人にも披露することができます。

神社挙式でかかる費用

新郎新婦

衣装とメイク代

神社挙式で使われる花嫁衣装はなかなか高価なものになります。そのため、レンタルする人も多いですが、レンタル代もそれなりの金額がかかってしまいます。また、衣装に合わせた小物もそうですが、神社挙式をおこなう新婦は、カツラを着用します。このカツラをレンタルすることが可能なため、ヘアメイクと合わせて調べる必要があります。

写真撮影代

結婚式で晴れの姿を写真に収める人は多くいます。しかし、挙式をおこなう神社や会場によっては写真撮影をおこなうルールが異なります。また、会場によってはその挙式会場に慣れたカメラマンでなくては受け付けてくれない場合もあるため、料金が割高になることもあります。事前に確認しておきましょう。

移動代

挙式の後に披露宴をおこなうことが多いですが、その際に挙式をあげた会場から披露宴会場まで距離がある場合、移動する手段なども考えなくてはいけません。ゲストを送迎する車の手配なども考えて、会場間の距離も考慮する必要があります。

参進代

神社挙式特有の儀式としてされているのが「参進の儀」と呼ばれるものです。神社の中を新郎新婦と親族で歩くことで、緊張などをほぐし気持ちの整理をおこなうことができるとされています。この時にかかる費用は神社によって異なるため、問合せてみるのもいいかもしれません。